女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大徳寺孤蓬庵

秋晴れに恵まれた昨日、遠州流の流祖祭にお誘いをいただいて大徳寺塔頭・孤蓬庵にまいりました。
孤蓬庵は建築もかなり見所が多いのですが、アプローチが素晴らしいことで有名です。

f0065327_12451491.jpg
孤蓬庵・表門

表門から中を見通すと美しい畳石の舗石道がまっすぐ伸びています。
大ぶりの石を散らした石畳は見飽きることがありません。
門前の石橋や堀、土塀の柔らかさなど他所では見られないものです。

f0065327_12484809.jpg
孤蓬庵門前石橋


f0065327_12473310.jpg
孤蓬庵門前と土塀



中は撮影禁止ですが、玄関で遠州流のいけばなを拝見して、方丈へ。
方丈での流祖祭の後に、亡筌の席でお茶をいただきました。
山雲床からお庭をゆっくり拝見でき満足しておいとましました。

大徳寺門前の一久で精進料理をいただきました。
今年初めての松茸のお吸い物!幸福な一日でした。
(佐野江利子)

f0065327_12500261.jpg
大徳寺一久精進料理

f0065327_12503538.jpg
一久・お吸い物



[PR]
by sumaitukurou | 2014-10-28 12:57 | 日常雑感

秋の京都国立博物館へ


昨日、京都国立博物館へ「国宝 鳥獣戯画と高山寺」を見に出かけました。

平日の午後なのに20分入館待ちの人出です。大学生らしき若いグループが大勢来ていました。


f0065327_11072972.jpg

20分入館待ち

f0065327_11101334.jpg

国宝 鳥獣戯画と高山寺」



中に入ると国宝・明恵上人像もゆっくり見られるくらい空いています。ところが、鳥獣戯画に近付くと長蛇の列!

30分近く並んで30秒程度しか見られません。

墨色、筆の流れ、紙質など思わず見入ってしまいます。


外に出ると陽が落ちて夕空に平成知新館が端正な佇まいで水に浮かんでいるように見えました。

設計は谷口吉生氏。ニューヨーク近代美術館新館や東京国立博物館の法隆寺宝物館などを設計された建築家です。

f0065327_11124464.jpg

平成知新館

f0065327_11150357.jpg

平成知新館エントランス

f0065327_11154651.jpg

エントランスロビー

f0065327_11175562.jpg

平成知新館と京都タワー

f0065327_11184813.jpg

少し日が暮れて・・・

f0065327_11202368.jpg

平成知新館前の池

f0065327_11222393.jpg

ミュージアムショップ


法隆寺宝物館の雰囲気と同じように静謐でゆったりとした空間~少しゆとりを持って見に来るようにしようと思います。
(佐野江利子)








[PR]
by sumaitukurou | 2014-10-24 11:48 | 建築雑々