女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

旧西ドイツのカードゲーム

ドイツ人の友人と彼女の生まれ故郷のハンブルグを旅した。
その際、彼女の元彼のおうちに泊めていただくこととなった。
彼は、地元ハンブルグで活躍する建築家。自宅は古いビルの上に
ペントハウスを増築した今時のおしゃれな家だ。
f0065327_2333877.jpg




写真の通り、モダンなおうちにおしゃれな洋服の数々。まるで雑誌から抜け出した
ような暮らし。彼個人は日本のものがお気に入りらしく、吸っているタバコは「峰」(渋い)、
お酒は「山崎」と日本語名のものが多く、冷蔵庫にはわさびのチューブ常備で
アジアの料理の本も見せてくれた。
私の友人曰く、「彼はwallpaperが大好き」(日本でいうCASA BRUTUSっぽい
インテリア雑誌。発行者はポール・マッカートニーの娘でデザイナーのステラの夫である)
お部屋を拝見する限り納得。
f0065327_23103034.jpg




そんな彼が私にとプレゼントしてくれたのが、これ。
なんでも旧西ドイツの壁をモチーフにしたカードゲームらしい。
建築をやってる身にとっては嬉しい限り。しかもこんなのはなんでも輸入される
日本でもお目にかかったことがない。なんて洒落た贈り物だ。
大感激ですっかり彼のファンになったのだが(単純)、いかんせん、解説は全て
ドイツ語なので遊び方がわからない。一度実践してもらったが、幾通りも遊び方が
あるらしく、もうすでにその一つも忘れてしまった。
どなたかドイツ語のわかる方、一緒に遊びましょう。
f0065327_23141047.jpg




またも接写はピンボケでごめんなさい。hozoでした。
f0065327_23145964.jpg

[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-29 23:18 | 旅の思い出

パリのすぐれもの

予告していた旅の思い出シリーズ。
第一回目はパリ土産。パリ市内のハンドマップです。

友人の母上が持ってらしたものがとても便利だったので、私も真似して購入。
たくさん装丁の種類があって、なかなか気に入った表紙のものが見つからなかったの
ですが、私はメトロの売店にあったものにしました。
f0065327_1642498.jpg




住所だけがわかっているお店や建物等が
どこにあるのかを調べるのにとても便利です。
住所の通りの名前をアルファベット索引で引くと、その横に
何区にあるか、地図のタテヨコどの辺にあるか、最寄のメトロ駅名などが書かれています。
(ピンボケですみません)
f0065327_16491532.jpg




何区にあるかわかったら、数字の索引で、(例えば
6区なら「6」のページを開く)地図を開き、タテヨコの記号でだいたいどの辺りに
あるかわかるので、そこの通りを探すことができます。
見た目もとってもかわいいし、便利なのでお気に入りの一品です。

昨今はネットカフェみたいなところで場所を検索する方が便利になって、
無くなってしまったのではと心配なのですが・・・。
hozoでした。
f0065327_1654023.jpg

[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-27 16:58 | 旅の思い出

新コーナー

皆さんのご指摘の通り、「今年の建築探訪」はすぐネタが切れてしまいそうなので、
合間に新コーナーを。
色々なところに旅行した際の、旅の思い出の品をご紹介。
私はあまりブランドものに興味がないため、いつも旅先では
スーパーや文具店、薬局やキッチン用品店などを廻ります。
殆どお土産で人にあげてしまうので、なかなか手元に残るものは少ないのですが、
少しずつご紹介していきたいと思います。
これなら、他の皆さんもどんどん投稿できるのでは?と思うので、
じゃんじゃん書き込んでくださいね。
f0065327_05711.jpg

[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-25 00:05 | 旅の思い出

今年の建築探訪(3)

趣味で山登りをしているので、長野に出向くことが多い。
そのチャンスを利用して建物を見に行っているから
どうしても長野の建物が多くなります。ご了承を。

今回はアントニン・レーモンド設計の「夏の家」
アトリエ兼別荘だったものを1986年軽井沢タリアセンに移築、
現在は「ペイネ美術館」として利用されています。
f0065327_16563973.jpg



コルビジュエの計画案を盗作(?)したと言われた作品。
その比較図面のようなものもあって、プランは、うむ、、確かに同じ。

スロープ部分の横にある暖炉の壁が、移築時に補修されたものとみえ、
モルタルがべったり塗ってあるのが少し残念。


f0065327_176224.jpg


内部はペイネの絵が展示されているので撮影禁止。
だけど、奥の応接室には作品がないので勘弁してねと一枚だけ撮影。
禁を破ってごめんなさい。
f0065327_1762171.jpg

あいにくの曇天で、写真もあまりよくありませんね。お天気だったら
ここをブラブラするのも気持ちよいと思います。
以上 hozoでした。
[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-20 17:09 | 旅と建築

今年の建築探訪(2)

いつまで書けるかわからないのですが、シリーズ第2弾。
同じ長野県上田市にある、北川原温氏設計の温泉にも行ってまいりました。
建築雑誌掲載当初は「上田市農林漁業体験実習館」(今も正式名称かも)
呼びやすく覚えやすくするために、現在は「室賀温泉ささらの湯」という
愛称がつけられているようです。
f0065327_11184956.jpg



大きい敷地に配置されたボリュームバランスはさすが!
欲を言えばハイサイドライト廻りなどのディテールをもう少し頑張って欲しかったです。
(あくまで私的意見です)
施設としてはとても大きく、温泉までたどり着くのに結構歩かなければならないぐらい。
脱衣室から洗い場までの動線も少しややこしく、脱衣場で主のようにドアの開け閉めを
指示している地元のお年寄りの方たちがしきりに、「これは設計ミスだ」「んだ、んだ」
とずっと言っておられた。丁度姉歯問題の直後だったのでそういう言葉が盛んに使われる。
「設計ミス」「欠陥住宅」などなど・・・。メディアの力は恐ろしいですね。
f0065327_11283944.jpg



もっと特徴的な部分もご紹介したかったのですが、撮った写真を見ると
斜めになったスロープの外観ばかり。申し訳ございません。
以上hozoでした。
[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-19 11:31 | 旅と建築

今年の建築探訪(1)

いつもY.Oさんにばかり更新をお任せして申し訳ないので、
私もここらで、今年見に行った建物をご紹介していきたいと思います。

まず、第一回目は長野県上田市にある、上田聖ミカエル及諸天使教会。
長野県には地域情報誌がたくさんあり、その中の「KURA」という雑誌が
大変面白い。地域の様々な情報が掲載されているのですが、
その中の「信州遺産」というところを読んで興味を持ち見に行ってきました。
f0065327_18474894.jpg



なんでも日本で寺院建築の教会は、奈良にあるものとここと二つしかない(・・・はず。)
昭和7年に建てられ、設計施工は滝沢賢一郎氏。
残念ながらこの日は閉まっていて中は見学できなかったのですが、
たまたまその週の「遠くへ行きたい」という番組で、この教会の取材が放映されていました。
表の写真を撮っているときに、向かいにお住まいの方が出てこられて、
子どもの時分はよくそこの教会に行き、地下になっている暖炉で暖まったなど
お話を聞かせてくださいました。
f0065327_18532767.jpg



写真ではわかりにくいかもしれませんが、鬼瓦はひよこの図柄になっています。
かわいらしい・・・。

余談ですが、この見学した日、すぐ近くの旅館でナイフを持った男が
宿泊客にナイフを付きつけ現金1万円だか3万円を脅し取るという事件がありました。
くわばら、くわばら・・・。
hozoでした。
f0065327_18554565.jpg

[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-17 19:06 | 旅と建築

防犯フィルム

大内山建築設計室・大内山です

いやな世の中になってきました

私が設計を始めた頃は、
「泥棒が入ってきたら、反対方向から逃げればいいですよ
 命まで取られる訳では無し・・・・」
という会話が、成り立つ世の中でした

しかし、今では、考えもつかないような犯罪が起こりつつあります
世田谷一家殺人事件なんて、その最たるものでしょう

姉妹2人を殺害して、証拠隠滅のため部屋に火をつけて・・・というのもありました

設計する者として、どの程度の防犯対策を取るか・・・悩ましい課題です

人によって防犯意識は変わります

雨戸・面格子・防犯灯・防犯カメラ・センサーライト・・・
セコム等セキュリティシステム・・・やりだせばキリが無くなってきます

日々生活する上で、面倒ではなく、負担にならず、美観を損なわない方法を
探さなければなりません

そんな中、最近我が家では、「防犯フィルム」を窓ガラスに張りました
フィルムの厚さによって、効果も違うのですが
そのフィルムを張ると、ガラスを割るのに5分以上かかってしまうそうです

この5分というのがミソで、泥棒は5分以内に開けられなかったら諦める
ということが、あるそうです・・・状況にもよるのでしょうが・・・

我が家には雨戸がありません
面格子は家人にワイワイ言われて、数年前に取り付けました
次は、大きな窓ガラスが槍玉に上がりました

心配性の人と、のんびりやの私
で、最近、ついに防犯フィルムを張ったという訳です
張るからには、全部のガラス窓に・・・ということで
結構高くつきましたが、安心料と思っています
(新築であれば、防犯合わせガラス・・という方法もあります)
(防犯合わせガラスと言うのは、ガラスの間に強化フィルムを挟み込んだものです)

これで、何か犯罪報道があるたびに、
ブツブツ言われるのから開放されるわけですから、それでよしとしましょう

異常気象で、台風の規模がおおきくなっている!雨戸は!?
・・・という苦情にも、防犯フィルムで強度を増していると、説明しています
(あくまでも、我が家の話です)

(ただ、先日の異常な規模の竜巻に遭遇したとしたら、効果の程はわかりません)

大変な世の中になってきました・・・・

みなさんのお家の防犯対策は、どうされてますか?

わりと呑気な Y.Oでした
[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-15 13:37 | 住まい雑記

内藤廣講演会

昨日11月10日
大阪ガスが主催する「建築プロフェッショナルセミナー2006」へ行ってきました

講師は、内藤廣氏
f0065327_11123343.jpg


そのお題は「建土築木」・・・建築と土木をミックスした造語だそうです
f0065327_11124816.jpg


三重の「海の博物館」、長野の「安曇野ちひろ美術館」、高知の「牧野富太郎記念館」等
の設計者で、色々な賞もたくさん取っています

内藤氏は早稲田大学出身なのですが、
現在は東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授・・・です

しかし、何て長い肩書きになってしまうのでしょう
名刺に書くのも、経歴書に書くのも、大変でしょうに・・・
国立大学の先生の名刺をいただくと、だいたいそんな長~い名称になっています
・・・・ナンカ変・・・・

「早い話が、昔の土木学科です」とのこと

建築と土木はもっと交わりながら、日本のコレからの姿を考えなければならない
・・・と、熱く語っていました

スライドのかなりの部分を「人口」をキーワードに進めていました
その中で、印象に残った話を、少しおすそ分け
(私の勝手で話をはしょっていますので、そのつもりで読んでください)

地球規模で考えると、1900年頃まで、世界の人口は10億人程だったとか
紀元500年頃の3億人くらいから、ゆる~いカーブを描いてほんの微増程度できていました

1400年代に少し地球人口が減るんだけど、それはヨーロッパのペストのせい
(あのペストが猛威をふるった時、ヨーロッパの人口の1/3が失われたそうです)

コルビュジェが建築の提案を色々行っていた頃、地球の人口は今の1/6以下だったのです

今現在の地球人口は、63億人位と言われていますから
今世界中で起こっていることは、実は誰も経験したことが無い事態なんだ、と

特に日本は、2005年を境に人口減少に転じています

内藤氏が言うには、日本の歩みをジェットコースターに例えると
カタカタと絶叫マシンの頂点に、今登り詰めた所で
もう少ししたら、あの急降下(!)が始まる・・・というのです

2050年には、今の1億2000万の人口が半分の6000万人位になり
そして、その頃には人口の70%が都市に住み
残り30%(1800万人程度)が地方に住む・・・急激な過疎化

寂れる地方の街、荒れる農地、後継者のいない過疎地・・・
2050年には、私はもういないし~・・・なんてこと言ってられない気がしてきます

自分に何ができるだろう
これから、何をしていけばいいのだろう・・・きちんと考えてみたいと思います

話がうまくまとめられなくて、ゴメンナサイのY.Oでした
[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-11 11:53 | 建築雑々

飛び出す絵本

とっても楽しい本を見つけました

飛び出す絵本・・・と言うのでしょうか・・・
で、飛び出すのが怪獣・・じゃなくて、恐竜なんです

まるで見てきたように、書き込んであります

別図で人間の大きさを同一スケールで、恐竜と並べて書き込んであるので
恐竜の大きさも想像しやすくなっています

皮膚のテクスチュアまで、わかる絵なんです

思わず「あんた見てきたんかい?」・・・と突っ込みたくなるような出来栄え

つい買ってしまいました

まあ、見てください
とっても楽しい絵本です

表紙
f0065327_0101466.jpg


ステゴザウルス
f0065327_0104895.jpg

トリケラトプス
f0065327_011797.jpg

ウルトラザウルス
f0065327_0112622.jpg

始祖鳥
f0065327_0114668.jpg


一人、結構気に入っているY.Oでした
[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-08 00:13 | 日常雑感

管理建築士講習

昨日の土曜日、朝9時半~夕方5時まで、みっちり講習を受けてきました

設計事務所を開いている建築士を対象に
事務所登録を更新するには、その受講証明書が必要だと言うのです

姉歯事件以来、建築士の倫理感を疑われ、再発防止には何が必要か・・・
丸一日を費やした講習でしたが・・・・さてはて、有効なのでしょうか

何もしないよりはいいかもしれない・・・のかな・・・

住宅の設計を主な仕事にしていますが、仕事は何かのご縁があって始まります

そんなご縁を広めたいと、こんなブログを始めましたが
設計事務所の敷居は、低くなったでしょうか・・・・

設計の仕事を少しでも身近に感じていただけたらいいな~
設計者の人となりを知っていただいて、相性を確かめていただけたらいいな~

そんなことを想いながら、やはり、日々研鑽

Y.Oでした
[PR]
by sumaitukurou | 2006-11-05 18:13 | 建築雑々