女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 4 )

下関のまちなみ

先週、89歳の母を95歳の叔母に会わせようと、下関まで母と二人で二泊三日の旅に出ました。

母は脚が悪くなったため、もう遠出は無理だと言っていたのですが、お互いが元気なうちに姉妹で会いたいという気持ちもあり、決心してくれました。
鹿児島まで行く新幹線「さくら」号の車椅子席は、なんと個室で、しかも新大阪⇔新下関が二時間と少しです!寝台に乗って半日がかりで移動していた子供時代には考えられない早さです。

下関は母の故郷なのですが、中学校くらいまで夏休みの一ヶ月間私たちも一緒に帰省していたため
私にとっても第二の故郷のような場所です。

街並みは、坂が多く、狭い道が多く、そのため開発が都会ほど進まないのでのどかな街並みの風景が
今もそこここに残っています。

ずっと母と叔母につきっきりの旅でしたが、最後の日に少しだけ、街並み散策に出かけました。
市電の旧「東駅」近く、羽山町界隈です。
f0065327_17422484.jpg

f0065327_17431461.jpg

f0065327_17474392.jpg

旅行というと、観光地や遺跡を巡ったり、建築見学も盛り込んだりが常でしたが、叔母の家で従姉たちと
のんびり過ごした三日間、私にとってもリフレッシュでき、思い出深い旅となりました。

(広渡 早苗)
[PR]
by sumaitukurou | 2015-10-13 17:57

阪神甲子園駅

杉本雅子です。
事務所の最寄りの阪神甲子園駅がリニューアル工事中です。
リニューアル工事のポイントは
まず、ホームを拡幅しエレベーターを整備するとともに、駅舎を改築しコンコースを拡張し、
ホーム中央部には新しく大きな屋根を設置するということです。
現在の状況はこんな感じです。
f0065327_0485979.jpg

既存のホームの屋根の上を大きく覆うかたちですでに大屋根部分は出来上がっています。
f0065327_0505679.jpg

球場方面へは電車を降りて、すぐ改札を通れるように新しいコンコースが造られています。f0065327_0523879.jpg


f0065327_1594527.jpg完成予想図(阪神電鉄HPより)


ホームの拡幅はいいとして、こんなすごく大きな屋根って必要かしら?
だいたいこんな高い屋根だったら、雨が吹き込んでくるのでは?
f0065327_212214.jpg

素朴で小さな昔ながらの鉄と波板の屋根も味があって好きなので、ちょっと残念に思ってました。

でも、考えてみれば、もともと阪神甲子園は甲子園球場とともにあったまち。
f0065327_1332869.jpg

明治以降、阪神間の典型とも言える電鉄会社による沿線住宅地開発がされたところです。
特に、阪神電鉄はここ甲子園においては、単なる住宅地のみではなく、スポーツや娯楽施設にともなう多角的な土地利用計画を構想し実行しました。
阪神パークや競輪場もあったし、
大正時代、甲子園球場の中には、日本で初めての温水プールまであったそうです。
f0065327_1185577.jpgここは今はブルペンとなっています


この白い大屋根も、他所からここを訪れるお客様にとって、「甲子園に来たぞ!」と少しでもウキウキできる要素になるのであれば、よいかもしれません(笑)。
f0065327_1312830.jpg

と思ったので、駅の外から見てみました。
f0065327_1321869.jpg

意外と目立たないです。
この白い膜構造の屋根は、なんと白球や高校球児のユニフォームの白をイメージしてデザインされたそうです((@_@)
f0065327_1422838.jpg

球場側から見るとこんな感じ。
f0065327_1401950.jpg

そんなことよりビール飲むぞ!って?

f0065327_1435162.jpg

この駅の下部の柱と筋交いのデザインがレトロで気にいってたのですが、拡幅された部分は普通のなんの変哲もない丸い柱が並ぶようです。

一方、この計画で素敵だなと思えるところは、
古い大きなクスノキを苦労して残しているところ。
f0065327_1502782.jpg

もうひとつは、エレベーターのボタン。
これを押す時は、甲子園に来たぞ!って、テンションが上がると思います。
f0065327_1543142.jpg


完成は2016年度中の予定。
甲子園へ来られたら、是非、大屋根を見上げてから、駅のエレベーターに乗ってみてくださいね。
[PR]
by sumaitukurou | 2015-02-17 02:01

熊野古道

熊野参詣道中辺路を紀伊田辺から熊野本宮大社を経て新宮まで行ってきました。


f0065327_17201513.jpg


近露王子の近くにある「熊野古道なかへち美術館」
妹島和世、西沢立衛 両氏が手掛けられた最初の美術館で 1998 年開館。


f0065327_17205392.jpg


f0065327_17211866.jpg


f0065327_1721356.jpg


熊野本宮大社に近づくと、大鳥居が見えます。
この鳥居のある場所は「大斎原(オオユノハラ)」と呼ばれる中洲で、かつて熊野大社はこ の中洲にありましたが、明治 22 年の大洪水で社殿の多くが流されたため、現在の場所に移 されたそうです。
ちなみにこの大鳥居は高さ33.9m、平成12年完成のコンクリ-ト製です。


f0065327_17223294.jpg


瀞八丁にある「瀞ホテル」。回廊があってまるで「千と千尋の神隠し」で千が寝ていた建物 のよう。回廊に腰かけていた千の足の下は、こんな風に水が満ちていたし・・・


f0065327_17231879.jpg


f0065327_17235115.jpg


新宮にある神倉神社の石段。45 度の急勾配で、登るのもこわい。


f0065327_17242843.jpg


御神体の「コトビキ岩」

(中井玲子)
[PR]
by sumaitukurou | 2014-11-30 00:00

「家族とかたち」

久しぶりの投稿です、momonga-mamaです。
今日、明日と ならまちギャラリーで開催している住宅展に参加しています。
明日は3時からテーマに添ったフリートークもありますので
興味のあるかたはぜひお越しくださいませ。

今日 会場でこのブログのファン(?)の方にお会いしました。
びっくりしましたが、ええ~、見てくれてるんだ!と嬉しかったです。
たまにはアップしないと、と思った次第です。

この10人の会でも10月には住宅展を催します。
もうすぐポスターも出来上がります、どうぞお楽しみに!!

http://www1.kcn.ne.jp/~aku/pdf/forum4-1.pdf
上記 案内ポスターのURLです。地図などはこちらが見やすいと思います。

f0065327_225781.jpg
[PR]
by sumaitukurou | 2006-09-23 22:05