女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

2015年 08月 15日 ( 1 )

"京都を彩る建物や庭園"

京都市では2011年から、“京都を彩る建物や庭園”という制度を行っています。
市民が京都の財産として残したいと思う建物や庭園を推薦し、それらを審査して“京都を彩る建物や庭園”を「選定」します。選定されたものの中で特に価値が高いと認められたものについて「認定」されます。今のところ220件を選定、その内53件が認定されています。 (詳細は“京都を彩る建物や庭園”で検索すると見ることができます。)

私は京都市文化財マネ-ジャ-として認定に向けての調査に参加しています。
私が係った3件の建物をご紹介します。

松野醤油本店 (北区)
創業は文化2年(1805年)。今でも100年以上使い続けている木の樽で、昔ながらの製法で醤油を造っておられます。

f0065327_19412.jpg


f0065327_1101346.jpg



先斗町歌舞練場 (中京区) 
昭和2年(1927年)竣工。内部は戦時中に傷んだため戦後にかなり改修されており、建設当初の美しい装飾を見ることはできません。

f0065327_111343.jpg


f0065327_1122460.jpg



ミヨシ堂 (上京区)
千本今出川の交差点の北東角にある元時計店です。店舗部分は昭和4年(1929年)に建てられました。時計塔の時計は、今でも時を刻んでいます。

f0065327_1131484.jpg


f0065327_1135522.jpg


by 中井玲子
[PR]
by sumaitukurou | 2015-08-15 01:15 | 建築雑々