女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

長野県・松本建築巡り(3)

f0065327_1628334.jpg

ご無沙汰致しました。hozoです。
間があいてしまいましたが、
続・松本建築巡りに行きたいと
思います。

今回は長野県宝に指定されている
旧松本高等学校 本館及び講堂の建物です。
大正9年と11年に建設されう、
木造洋風建築としては規模も大きく、
保存状態もとてもよいものです。




f0065327_16301679.jpg
写真右上が本館正面玄関。
マンサード屋根と建物資料には載っているのですが・・・?
近年ではギャンブレル屋根というのでしょうか。
五角形の屋根も正面を印象付けています。
明治期の中央入り左右対称型と
異なり、隅入りコの字型に配置されています。
写真左が正面玄関裏、コの字の中庭部分から見た姿。



f0065327_16364531.jpg

正面玄関入ってすぐの階段。



f0065327_16402214.jpg

階段上部踊り場。
ここが外観正面からみた、
ギャンブレル型屋根の下部窓に当たります。



f0065327_16414756.jpg

階段を上がりきった部分の床。
塩ビの床材を上から釘打ちしてあるのが
なかなか渋い。(笑)





下部二枚が講堂の建物。
写真右の屋根上部に見える小塔は換気用のものだそうです。

f0065327_16454423.jpgf0065327_16471294.jpg



近年、廃校になった校舎をリノベーションして使用する例がたくさん増えてきて、
色々見て廻っていますが、これは建築物としてはかなり上質なものでした。
多くの文学者も輩出した松本高等学校。
最近の方でもわかる作家では、北杜夫氏などが卒業生だということです。

建物のある場所自体が「あがたの森公園」という大きな公園になっていて、
お天気のよい日にぶらぶらするにはもってこいの場所です。
松本にいらっしゃった際は、是非お立ち寄りを。
松本市内には100円で乗れる周遊バスがあるので便利ですよ。
[PR]
by sumaitukurou | 2007-04-03 16:55 | 旅と建築