女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

ドイツ生活 1ヶ月

縁あって、幸運が重なって・・・8月末から9月末まで、丸々1ヶ月
ドイツのハノーファーという都市で生活してきました

ハノーファーはベルリンと緯度は同じくらい、ベルリンから西へ約250kmの所にあります

「ヨーロッパの1都市で長期滞在」・・・・それは私の長年の夢でした
それが叶ったのですから、どんなに私の心は舞い上がったことか!
正直、楽しかったです!

どんな所で生活していたか、少しご紹介したいと思います

ライプニッツハウスといって、ハノーファーの観光案内にも載っている建物が住居でした
f0065327_11134546.jpg

赤く囲んだ所、日本で言えば2階の2LDK(ドイツでは1階と数えます)
1943年の空襲で焼け落ちた建物を再建
ドイツは、それを外国人の留学生に、安く貸し与えているのですから、太っ腹です




目の前には広場と噴水・・・たくさんの観光客が願い事をしていました
f0065327_11192832.jpg




旧市街というか、本当に便利な街中なのですが、周囲の環境はこんな感じ・・・・
f0065327_11203547.jpg




f0065327_11205026.jpg

イメージ通りの「ヨーロッパの古い街」・・・といったところでしょうか




次に、住まいの中をご紹介します

まずは平面図
f0065327_11221182.jpg




寝室1、居間、寝室2
f0065327_11231935.jpg




f0065327_11233827.jpg




f0065327_11235875.jpg

家具、寝具(布団・シーツ類)、タオル、掃除用具など・・・全て備え付け




台所とその角に設えられたダイニングコーナー
f0065327_112624100.jpg




f0065327_11263910.jpg

もちろん、食器・カトラリー・調理器具・鍋・フライパン等々、全て揃っていました
ただ、230V用の炊飯器は、リュックに入れて持って行きました
でも、気候や水が変わるせいでしょうか、思ったほど日本食を食べたいとは思いませんでした



バスルーム
いわゆる3in1で、トイレ・洗面・シャワーが1室空間に納まっています
浴槽はなく(ドイツではシャワーが一般的とか)、寒い所にも関わらずシャワーのみ
f0065327_11322754.jpg

90cm角くらいのシャワーパンが、30cm程の立ち上がり有り
その立ち上がりで、シャワーがずいぶん使い易いと思いました



ドイツで暮らした住居の特徴

*天井が高い・・・・天井高3150
    ちょっと低いなと感じる廊下の天井高で2400ありました

*窓が天井いっぱいまであり、部屋の奥まで明るい

*窓の形態・・・下部は内開き、上部は内倒し窓、縦長窓のプロポーション
    台所に換気扇はありません
    ドイツ人は料理をしない・・・という固定観念に取り付かれている私は、さも有りなん
    日本人はちゃんと料理するので、高窓を開けて対処
    まあ、あまり問題はありませんでした
    他の部屋でも、常に高窓を開けて換気してました

*室温は外気温とは関係なく、常に一定・・・23~25℃
    温水が各部屋に回っていて、常に一定の温度を保っている
    暖かくなるのか寒いのか、息子は毎朝i-netで予想気温を調べてから出かけていました
    9月初めにもう暖房が入りました

*当然ですが、玄関上り框とかはありません(全部が土間?)
    ガムテープで上りカマチ位置を設定して、そこで土足・スリッパを履き替えました

*日本茶がおいしく無い
    硬水のせいでしょうか、日本茶の香りというか味というか・・・美味しくなかったです
    日本は軟水・・・・日本茶は日本の水でいれてこそ、のようです

*ドイツの水道水
    そのままでも飲めるそうですが、石灰が含まれているので、ブリタの浄水器を使用
    
*シャワーのみ
    シャワーだけの生活も、暮らしてみれば、結構合理的と感じました
    
*布団1枚
    冬も掛け布団1枚での生活とか
    実際、今はもう最低気温4℃とからしいのですが、室温は22~23℃のままだそうです
    日本では、やれ毛布だ羽毛布団だとかさばるものですが、そんな心配は無用

*エアコンは無し
    時々、エアコンが欲しいくらいの気温にもなるそうですが・・・・
    数日のことなら、我慢の範囲です

*教会の鐘の音
    毎朝、教会の鐘の音で目覚める贅沢

*日本のような南面重視は関係なし
    何しろ室温は常に一定で、洗濯は共同洗濯室で乾燥まで行うので
    洗濯物干しのバルコニーも必要ありません
    寒い地域(真冬は-20℃にもなろうかという土地柄)だから、仕方ありません


長くなりましたが、最後にリビングの窓から景色です
f0065327_1157437.jpg

(平面図赤矢印の方向を見ると、こんな景色なのです・・・贅沢にも毎日眺めていました)

大内山でした


    
[PR]
by sumaitukurou | 2011-10-27 11:57 | 環境や街並み