女性建築家10人からの住まい発信ブログ            「住まいを語ろう!創ろう!楽しもう!」

sumaienjoy.exblog.jp
ブログトップ

港で出合う芸術祭 神戸ビエンナーレ2011

このたび「住まいを語ろう 創ろう 楽しもう」に参加させて頂くことになった杉本雅子です。甲子園で設計事務所をしています。どうぞよろしくお願いいたします。

10月のブログ担当ということで、今回は現在開催中の神戸ビエンナーレ2011をご紹介したいと思います。

f0065327_22571251.jpg


アートインコンテナ

震災10年を機に神戸で2007年から始まった2年に一度の現代美術の祭典は、今回で3回目。単なる大きな美術展というだけではなく、芸術文化を活かして神戸のまちの賑わいづくりや活性化につなげよう、というまちづくりとしての側面を持ちます。

f0065327_22283991.jpg

高架下アートプロジェクト-作品制作の段階から公開中


神戸ビエンナーレ2011のテーマは「きらkira」。神戸のまちの様々な場所でイベントが行われています。
展示のメインとなるのが、コンペを勝ち抜いた国際展「アートインコンテナ展」。輸送用コンテナのミニマムな空間の中に、平面、立体、映像、インタラクティブアートなど、さまざまな世界が展開されています。今年は震災の関係で本物のコンテナは利用せず、コンテナサイズの空間がハーバーランドのビル内に出現しています。
f0065327_22402130.jpg



アートインコンテナ 


ほかにも、いけばなや陶芸、大道芸や障がい者アートなど、多種多様な芸術文化に光があてられ、神戸のまちなかの様々な場所が展示空間となります。
f0065327_22365099.jpg



いけばな未来展

私は今年は観るだけですが、過去2回の神戸ビエンナーレのいけばな未来展には華道家として参加いたしました。
f0065327_22532189.jpg



韓国 光州作家展


今回、私が一番注目しているのが、初めて開催される「しつらいアート展」。「しつらい」という日本的で建築的なテーマが、ポートアイランドのしおさい公園を舞台に、どのように解釈され展開されるのか大変興味深いですし、そこで自分がどんな空間体験ができるのかがとても楽しみです。

港で出合う芸術祭・神戸ビエンナーレ2011は11月23日まで開催中。主な展示場所は神戸ハーバーランド、ポートアイランドしおさい公園、兵庫県立美術館、元町高架下など。
会場間を結ぶ船も運航しています。
f0065327_2245288.jpg



2009年に船から見た海上アート

秋の神戸とアートを楽しみに是非おでかけください。
http://www.kobe-biennale.jp/
[PR]
by sumaitukurou | 2011-10-15 23:09 | その他